<   2013年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

近況

前略 
ブログをご覧になってくださる皆様へ


只今、札幌豊平区月寒の 純喫茶 EARTH COFFEE さんにて
1周年記念 合同写真展 『動物いろいろ、距離感16・16』開催中
6月8日(土)まで 木曜定休  AM10:30~

d0298972_21341146.jpg

RICOH CX4

後半の16の中に分不相応ながらも私も参加しています。
どうぞ、他の皆さんの素晴らしい作品をご覧になっていただきたいと思います。

そうこうしているうちに季節は一気に押し寄せてきて、

北海道の季節もようやく桜の満開を迎え

d0298972_205032100.jpg

Canon EOS Kiss X5
あっという間に散っていました(^^;)


ご近所の梅の花も終わります
d0298972_2126561.jpg

Canon EOS Kiss X5

GWの旅行記も終わらないうちに菜の花の季節も到来してしまい、

休日は色々なイベントが矢継ぎ早に入ってくるので
(こんなに忙しいのは初めてです!)

もう、どれをどうしていいのやらブログのUPもままならない状態でございますw。

というわけで先週に引き続き、今週もブログをUPは、
時間と体力的に難しいかもしれませんが
やや暫くお待ち頂けると幸いです・・・・・m(_ _)m

d0298972_21375640.jpg

Canon EOS Kiss X5
[PR]
by lenslife | 2013-05-30 21:41 | イベント | Comments(4)
**ランプ*ランプ*ランプ**

小樽撮影旅行1日目もついに日が暮れて

宿泊先の札幌のホテルへ向かいます。

小樽駅といえば

やっぱりランプでしょ♪

d0298972_2022961.jpg

Canon EOS Kiss X5



d0298972_20273051.jpg




だんだん日が暮れて空が群青色に近づく頃

d0298972_20315364.jpg



プラットホームに灯る星々


d0298972_20402394.jpg



線路の果てが群青に溶けてしまうと


d0298972_20541939.jpg

Canon EOS Kiss X5

行き先は さては波間か 空の雲間か


d0298972_20572122.jpg

Canon EOS Kiss X5

ゆらり 闇の中へ
[PR]
by lenslife | 2013-05-21 21:13 | 小さな旅 | Comments(4)

日暮れの初桜

「いつになったら春になるのだろう?」

そんな会話が1ヶ月以上続き

「いつになったら桜が咲くのだろう?」

に、ここ最近変わって

週末天気が良かったら、わが町の公園の様子でも見に行こうと考えていた。

が!意外にも仕事帰りに目に入ったのは、
すでに開花が始まった近所の桜の樹だった。

まもなく日が沈むという時間帯、慌ててカメラを取りに行った。


今年初めて見る桜の花。
d0298972_22232751.jpg

Canon EOS Kiss X5

剪定も何もされなくなって久しい野放しの桜が2本。
花も小さく元気がないように見えるけど、
蕾はびっしり付いている。


1本は、まさかの5分咲き。
d0298972_22253993.jpg

Canon EOS Kiss X5


いつもそびえ立つバイパスが視界の邪魔をしていて、気がつかなかった。
d0298972_222985.jpg



昔、児童館だった建物が今は物置のようになってしまい、
あと3本くらいあった桜の大木は切り倒されたけど。

残された2本の桜が毎年健気に花を付ける。
d0298972_2232470.jpg



ファインダー越しに見る桜は、
なんだか誇らしげに夕日に照らされて咲いていた。
d0298972_22335950.jpg

Canon EOS Kiss X5
[PR]
by lenslife | 2013-05-17 22:39 | 季節 | Comments(2)
***その4 カモメに遊んでもらいました***


いよいよ、いい旅夢気分も吹っ飛ぶ雨風が強くなってきたが
私達は負けずに小樽運河を抜け北運河方面へ。

紅白のしましま煙突めざして海の見える埠頭へ行ってみた。
d0298972_19503967.jpg


憧れの製缶工場を撮りたかったのだが雨は降るわ
あまりの風の強さに傘を何度も吹き飛ばされるわで、断念。
d0298972_20142422.jpg



んで、手近に降りてきたカモメ?に遊んでもらった。

d0298972_1950975.jpg

望遠出せないから、近くに寄って撮ろうかなっと♪
静々と近寄るのだがあちらも、テコテコと逃げてゆく。

まてまてと追いかけ続けたが、ついに飛んで逃げる。

d0298972_1959194.jpg

が、私も負けずについてゆく・・・最初に戻る。の繰り返しが暫く続く。

d0298972_2013613.jpg

そのへっぴり腰な私をMちゃんに、しっかり撮られていたのだった・・・。
hokulele2.exblog.jp 

「色彩をあまり持たないめぐんこと、寒冷の旅(笑)」をご覧あれ


遊びすぎて、すっかり体が冷え切ったのでとりあえず観光船乗り場に避難。
なーかなか味のある待合場所です。
d0298972_20125218.jpg


d0298972_20182476.jpg


d0298972_20133577.jpg

晴れていたらば、観光船にも乗ってみたかったな~。
海側から見る小樽もいいだろうな~。

旅は、まだまだ続く
[PR]
by lenslife | 2013-05-14 20:24 | 小さな旅 | Comments(0)
小樽文学館をあとにして、次の場所は

「日本銀行旧小樽支店 金融資料館」でございまつ。

d0298972_2064777.jpg

Canon EOS Kiss X5
ルネッサンスーー!洋式を取り入れてます。

日本銀行が小樽にあったのがスゴイです。
そして、東京駅の設計者・辰野金吾や長野平次らが設計したのが明治45年というのが
これまたスゴイことだと思う建築物でした。

d0298972_2012929.jpg


中に入ると一瞬タイムスリップしたような感覚で

d0298972_20132714.jpg

Canon EOS Kiss X5

目が明かりに慣れた頃は、美しい内装に異国を感じます。

d0298972_201682.jpg


この営業場の天井は約10.5m。
柱のない大きな吹き抜けの空間が素晴らしい。

d0298972_201758100.jpg


受付カウンターの裏側。
表側には国産大理石があしらわれていました。
(「なぜ表を撮さない?」と言われそうですが「あとで気がついた~」ということでw)

d0298972_2021384.jpg


大金庫は中に入ることができ、一億円の重さと同じ塊を実際に持ち上げることができます。
一人では持ち上げられなかったです。

d0298972_202665.jpg

塑像ーフクロウ

このモチーフは内壁に12体、外壁に18体あるそうで、夜の見張り番。
昔はアイヌの守り神シマフクロウが北のモール街を見張っていたのですね。

感心することしきりの金融資料館でした(^-^)

d0298972_20382596.jpg

[PR]
by lenslife | 2013-05-12 20:38 | 小さな旅 | Comments(4)
5月3日小樽の撮影旅行1 は、腹ごしらえ写真のみで終わってしまいましたw。

雨が似合う街小樽ですが着くなりいきなりの洗礼は、
腹ごしらえしているあいだに更に酷くなってきて、
外は撮影どころではなくなってしまいました。

そこで、素敵な文学館へお邪魔することに。

d0298972_20374944.jpg

文学館だけに小樽の文学に関する色々な収蔵資料が展示してあるのですが
私が今回一番見たかったのはコレ。

d0298972_20391282.jpg 
d0298972_2040722.jpg

d0298972_2041864.jpg


高山美香さんが作る「ちまちま人形」作品です。

d0298972_20485479.jpg


小樽出身の文豪や芸能人もありました。
見れば見るほど味のある手のひらサイズの作品ですが
小物までがよくできていると関心するばかりです。
他にもたくさんあります、すごく特徴をよく捉えています。
消しゴム版画もすごく好き!

d0298972_20573748.jpg



こちらはナント!文豪の実際の部屋を再現しちゃってます。

d0298972_2131480.jpg


で、ちまちま版もちゃんとありました。

d0298972_20583883.jpg


さて、作家や詩人の名前何人わかりましたか?
(答えは自分で小樽へ行って確かめてねw)



他にも

d0298972_21254339.jpg

デスマスクがありーの

d0298972_21264874.jpg

ジオラマがありーの

d0298972_21303143.jpg

列車の座席がありーの

d0298972_21274355.jpg

ナホトカのマトリョーシカがありーのと文学に関わる色々な展示物が。


そして最たる楽しみが

d0298972_21314796.jpg


おっしゃれーな「J.J.’s カフェ」です♪
この素敵な空間でゆったり、まったりして(セルフですが)
自分で決めたお値段でお茶やコーヒーがいただけます。
ブタさんの貯金箱にに入れるんですヨ。

d0298972_21422412.jpg

散々楽しんでいるうちに雨も小降りになってきて、
次の撮影場所目指して文学館を後にしたのでした。

d0298972_21444940.jpg

[PR]
by lenslife | 2013-05-10 21:50 | 小さな旅 | Comments(0)
2013年5月3日 予てより楽しみにしていたオンナ二人で小樽撮影旅行。
愛しのMegunkoさんとJungのイイ旅夢気分をぼちぼちとUPいたします。
異常気象であいにくのお天気ではありますがいよいよ決行!

d0298972_1530787.jpg

小樽の海 寒そう~・・・  車窓から

Megunkoさん曰く「小樽は雨も似合う街だから・・・」( ̄▽ ̄)
ナルホド・・・名言ですね~!(^O^)b
じゃあ、しっとりと、いっちゃいますか!

(以降 MegunkoさんはMさんと呼ばせていただきます)

小樽駅に到着したのはもう昼近く。
駅はすっかり綺麗になっていましたがあの沢山の窓のランプは、
変わらずにいたのが嬉しかったです~♪
でも撮影もしないで「まずは腹ごしらえだべさ~」

3日~4日の二日間とも状況に応じてMさんが行き先を決めてくれるという、らく~な私。
添乗員と学芸員を兼ねてくれたような頼りになる相棒です。

小樽駅そば 狭い通路の三角市場は、昔からある人情市場。
観光客にも気軽にどうですかー?と声かけしてくれて、味見までさせてくれる。

入口の駄菓子屋さんはMさんの行きつけらしい。
撮影もさせてくれました。ありがとうございます。

d0298972_1555043.jpg


混み混みの市場の食堂は、名前予約して順番待ち。
その間に向かいのお店のおねえさんが頼みもしないのに
イクラやカニやウニを次から次と味見させてくれる~♪
待ち時間も楽しいよ~♪
しかも撮影もOKとポーズもとってくれました。

d0298972_15585613.jpg

ポージングもばっちりだね、おねえさん!ありがとうございました。 Canon EOS Kiss X5

満員電車の中のように人でごった返した頃、名前を呼ばれて、
いざ!ランチタイム~!

座って待つ間も、美味しいさきいかとお茶を振舞ってくれます。
ラヂオの音と威勢のいい従業員の掛け声や客の話し声が
イイ感じに賑やかで外の雨など忘れてしまいます。

キタ━(゚∀゚)━!

d0298972_1633920.jpg

私は大好物のイクラとサーモンの丼。Canon EOS Kiss X5
イクラが宝石のようにキラッキラしてます。(*´д`*) うま~!

d0298972_1641145.jpg

Mさんは、ウニ、サーモン、エビ丼 Canon EOS Kiss X5

さすが市場だけあって新鮮でうまうまでございました。
今度は私もエビのせてもらおーっと。
ごちそうさまでした!美味しいものいっぱい三角市場さん。
[PR]
by lenslife | 2013-05-06 16:23 | 小さな旅 | Comments(2)

旅半ばを過ぎても

2013年5月5日 今日は子どもの日。



子どもの頃自分は、どんな夢をえがいていただろう。

小学生の頃から勉強が嫌いだった私は、唯一楽しいと思えたのは美術の授業だった。
だから、おぼろげに芸術家になることを夢見ていた。

d0298972_1862220.jpg



でも、それは夢の始まりでもあり呪縛の始まりでもあった。

人生を旅に例えると、もう私の旅は、とうに半ばを過ぎている。
あくまでも人並みの寿命を想定してのことだけれど。
長生きしなければ、もう半ばどころのさわぎではないわけで。

d0298972_1734414.jpg

Canon EOS Kiss X5


芸術家になることが自分の夢だという目標は、
逆を言うとそれしか取り柄がなかったからだった。

d0298972_1755387.jpg

Canon EOS Kiss X5


好きだから、がんばれる。
それは、本当だけれど、それで生きていけるとは限らない事を知るのに
随分と時間がかかってしまった。

d0298972_1831567.jpg

Canon EOS Kiss X5


自分でもできるかもしれないと思う事を夢を叶える事だと勘違いしていた。

夢に向かって生きることに目標を向け夢を通してものを見てきたから、
それは狭くて矛盾に満ちた道だった。
まるで廃線になったこの鉄路のように。

d0298972_17521987.jpg

Canon EOS Kiss X5


もう後戻りは、できないけれど。
線路の真ん中に立ち、後ろを振り返りながら
いつ途切れるともわからない錆びた鉄路を
また私は歩き始めた。

d0298972_1802233.jpg

Canon EOS Kiss X5
2013.5.4 小樽手宮線跡地にて
[PR]
by lenslife | 2013-05-05 18:09 | 小さな旅 | Comments(0)

シャシンときどきツブヤキ。HNゆんぐデス。


by ゆんぐ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30