<   2013年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

思い出の共有

先々週に変なウイルスで4日寝込んで、

1週間くらいかかって、普通に仕事して日常生活が出来るようになった感じです。

とにかく咳が出て倦怠感が取れなかった。

木曜日には久しぶりに週イチのエアロビクスにも行ってみて

自分なりの体調の戻り具合をチェックしていました。


そして札幌で開催の合同写真展とご挨拶に行きたいお店にと

昨日ようやく行くことができました。

しかも素敵なお方にお嬢様のようにお車でお出迎えとおもてなしを受け

なんとも幸せで、ありがたい思いをいたしました。N様に感謝。

             *

先に今月いっぱいで休店されるというお店のマスターに会いに行きました。

取り壊されるというのを聞き、他のお客様がいないうちに店舗の撮影を。

けれど、まだダメージが残っていたのか、意欲的に撮影ができない。

ありきたりな構図でやっと写しているといった体たらく。

照明に合わせた撮影ができず手ブレばっかりでした。(;_;)

d0298972_16391435.jpg


こちらへお邪魔するようになったのは去年の今頃。

しかも札幌となると、そうそう来ることはできません。

それでも憧れの方々が常連さんで、ご一緒させてもらったり

レベルの違う皆さんと写真展に参加させていただいたりと

この短い間で一生ものの思い出をいただいたお店です。

d0298972_19372739.jpg



味わえるのは最後になるかもしれない美味しいコーヒーをいただきながら

マスターの真っ直ぐな情熱を知り、これから向かう新しい道への成功と

再会の日を祈りつつ店を後にしました。




そして、このお店に集う方々でもある皆さんの写真展に。

実力のある方々なのに決して堅苦しくない雰囲気で

観にくる人々を暖かく迎えてくれる写真展でした。

作品それぞれご本人のお話を伺いながら作品を味わえるというのは

とっても贅沢な鑑賞ですね~。

撮影時の苦労話や思い出話、ウラ話も聞いたり。

撮影のテクニックまで聞けちゃったりするのです。

楽しいだけでなく、日頃から何も勉強していない私としては

見習いたいことばかりです。ハイ(^_^;)


それにしても驚いたのは知り合いの出品者の方のフォトブックに

お友達や自分が思いっきり写っていたことです。

一瞬であの時の状況を鮮明に思い出す。

他人の思い出の片隅に自分という存在が生きているということ。

それを自分の目で確認できた驚き。

恥ずかしくて、懐かしくて、でも面白い。

写真は思い出の共有でもあるんですね。

思い出を切り取ることばかりに夢中で

そんな風に考えた事なかったかもしれない。

改めて感じた事実です。


d0298972_16304951.jpg

[PR]
by lenslife | 2013-11-24 16:59 | 近況 | Comments(8)

REMAINS ART




d0298972_21125946.jpg

「さやえんどう」





d0298972_21154152.jpg

「タイムカプセル」





d0298972_21182951.jpg

「風景画」





d0298972_21192283.jpg

「美しい斜線」




d0298972_21235039.jpg

「しがみつく彫像」





d0298972_2127417.jpg

「オータム サラダ」




時と遺構と自然とで作り出す造形   それは、まさに芸術作品です
[PR]
by lenslife | 2013-11-16 21:34 | 探索 | Comments(8)

秋のおわり

先週から親が体調をくずし、質の悪い風邪系ウィルスで

寝込んでいましたが私にも感染したみたいで

ここ1週間咳に悩まされ、ついに昨日から熱で寝込んでしまいました。

親の方は病院へ行ったので元気になってきましたが

今度は私が看病する側から、される側になってしまいました。(^_^;)

                *

2日前に雨の合間のひととき、大きな虹がでました。

あっという間に消えてしまいました。

その後でみぞれが降り、この秋2度目の雪となりました。

虹を見ながら「あぁ、今年の秋ももう終わりなんだな」と感じました。

家の前の公園もイチョウの木が裸木になりました。

けれど今でもまぶたに焼きついているのは

先月行った山吹色に輝く三笠の夕景です。

d0298972_16375213.jpg

[PR]
by lenslife | 2013-11-10 16:46 | 季節 | Comments(8)

線路で見つける秋

三笠探索ブログは、まだまだ続きますが

特に楽しかったのは「線路を歩こう!」です。

隊長のアイディアでした。

今は使われていない鉄道博物館までの廃線路の周りの

紅葉があまりに綺麗なので、いっそ線路を歩いみようかと。

車を降りてカメラをぶら下げてみんなで歩きます。

d0298972_142463.jpg




普段線路から見た風景なんて、そうそう撮れませんよね。

廃線を歩くのは小樽の手宮線以来です。

しかも色づいた木々が美しいこの季節だから。

d0298972_14101097.jpg



d0298972_145383.jpg


終点の博物館まで何キロもない地点から往復です。




d0298972_14104911.jpg


線路の脇にある栗の木から落ちた栗の実。




d0298972_14125559.jpg


実際に歩いてみないと見えてこない風景。




d0298972_14171297.jpg


こういう写真も廃線だからこそ。




d0298972_1427489.jpg


博物館の周りは川が流れ、美しい公園になっています。



d0298972_14194362.jpg


ほっかむりしたこの列車は、空を見てる。



d0298972_1421743.jpg


ミニ線路の方向転換機?



d0298972_1422336.jpg


このミニ線路には期間内は、小さな蒸気機関車が走っているのでしょうか?



d0298972_14235236.jpg



d0298972_14243746.jpg



d0298972_1425341.jpg



d0298972_14263039.jpg


折り返す頃には線路に西日が射していました。



帰りはみんなではしゃぎながら歩く。

なんて楽しいんだろう♪

なんだか映画「スタンド・バイ・ミー」みたいで

みんな少年・少女に戻った気がしました。
[PR]
by lenslife | 2013-11-04 14:37 | 探索 | Comments(6)

秋風に吹かれて


d0298972_21231545.jpg

                                   2013.10.27 幌内炭鉱立坑
 まるで武士の後ろ姿みたいだった・・・。
[PR]
by lenslife | 2013-11-03 21:31 | 探索 | Comments(5)

シャシンときどきツブヤキ。HNゆんぐデス。


by ゆんぐ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30