<   2014年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ウイスキーができるまで。

d0298972_1163226.jpg


ブラックニッカのキャラクター「King of Blenders」のステンドグラスは

ニッカウヰスキー余市蒸留所の見学者待合室にもあります。

ここへ来て一番最初に目にするニッカです。

「マッサン」への旅その1 のステンドグラスは「ウイスキー広場」にあるひと回り大きなものです。

やはりニッカの顔といえば、このお方ですね。

この施設はウイスキーの製造順に見学できるようになっていて、

非常にスムーズに製造過程を知ることができます。


最初は「キルン塔」でビートを燃やした煙で麦芽を乾燥させる建物。

入口でその香りを知ることができます。

d0298972_16102048.jpg

蒸留棟の窓から見たキルン塔。




d0298972_15172341.jpg

粉砕機

複雑な機械を見るとつい萌えてしまう~♪


発酵塔で大きなタンクを眺めて、蒸留塔で丁度直火焚き中でした。

d0298972_14472236.jpg


ここでポットスチルによる蒸留が行われていました。

ポットスチルには、まるでご神木のように紙垂(しで)が巻いてありますね。

お酒の神様がそれぞれにいらっしゃるのでしょうか。

どこか神聖な感じがしました。


残念ながら石炭を焼べるところを見られませんでしたが

d0298972_14533866.jpg


赤々と萌える石炭の灯りを見て、私の住む町は昔、

どこの家でも石炭ストーブを焚いていたのを思い出しました。

横にある石炭とスコップを見て懐かしい気がしました。

世界でも石炭直火蒸留は希な製法だそうです。

この製法が力強く、熟した果実のような香りのモルトウイスキーを

作るのだそうです。(余市蒸留所パンフレットより)



d0298972_1522118.jpg

混和棟

ここでは樽作りの工程を展示してあります、解説映像もあります。

d0298972_15235771.jpg


d0298972_1554742.jpg



ちょんな・・・?なんか可愛い名前の樽を造る道具。



d0298972_15313158.jpg

1号貯蔵庫

d0298972_15351584.jpg


CMなんかでよく見かけるのがこの貯蔵樽ですね。

ここにもKing of Blenders の顔が見られます。



d0298972_15382145.jpg


貯蔵庫の入口にも紙垂がありました。

こうして神聖なるお酒が作られているんですね。

非常に大雑把に説明していますが実際は、

まだ細かい過程がありますがそこは現地のパンフで見てくださいね。



d0298972_160129.jpg

[PR]
by lenslife | 2014-03-30 11:19 | 小さな旅 | Comments(6)
ニッカウヰスキー余市蒸留所は、色々スゴイです。

まずはサービスがすばらしい。

入場料は無料。常にガイドによる案内も無料。

撮影もOK。

受付嬢は親切、丁寧。

この日は吹雪になるし、雪とアラレが降ってきますが

ビニール傘が入口から、各見学所の要所に完備されているから

どこへ行っても濡れる心配なし。

試飲コーナーでは、ゆっくりくつろぎながら、

好きなグラスの味見(1種類か2種類か忘れた)と無料のドリンクが飲み放題。

もちろん博物館の美しいバーへ行けば有料でお酒が飲めます。

d0298972_2112996.jpg

有料バーの一角



まずは、ガイドをされている素敵な女性達を偶然見かけたので。

d0298972_2048283.jpg

雪の中のニッカガールズ (勝手に命名w)


緑萌える季節にまた行ってみたいなぁ~。
[PR]
by lenslife | 2014-03-25 21:09 | 小さな旅 | Comments(6)
2014年3月22日(SAT)

お友達に誘われて、3連休は北海道余市の

「ニッカウヰスキー余市蒸留所」へ行くことに。

某TV局の秋の朝ドラで日本のウイスキーの父と呼ばれる

竹鶴政孝さんと伴侶リタさんとの愛のドラマが始まります。

友達曰く、その予習らしいです。

d0298972_2114418.jpg


初めて行く余市の街、余市のニッカウヰスキー蒸留所。

ドキドキワクワクな旅に出発です。


もう4月も近いというのに

d0298972_2125265.jpg

小樽駅

旅の始まりは、やっぱり雪・・・・・。
[PR]
by lenslife | 2014-03-24 21:07 | 小さな旅 | Comments(5)
目覚めて時計を見たらAM6:00だった。

7:00までTVを見ながら、まどろんだ。

こんなにゆっくりと起床したのは何週間ぶりだろう。(いや、何ヶ月ぶりか)


体調がよろしくないのでお出かけ予定を来週に変更して、

最近全く使用していないカメラをぶら下げて、立坑まで散歩に行った。

このカメラは初期のミラーレスで今ほど性能は良くないが
(腕が良くないというべきか)

初めて買ったカメラなので愛着がある。


d0298972_1527396.jpg


遠くに立坑が見えてきた。



街中と違ってここは雪解けがかなり遅れている。

d0298972_15324656.jpg


立坑前の歩道もこんなに雪の壁が残っていて立坑側に渡る切れ目もない。

まだちょっと中途半端な季節。



d0298972_15374884.jpg


「もう少し雪解けが進んだら、またおいで」と

緑十字に言われた気がした。


今度来るときは、もっと別のレンズを付けて来よう。

d0298972_15364389.jpg

LUMIX DMC-GF1
[PR]
by lenslife | 2014-03-16 15:45 | 季節 | Comments(10)

もう3年 まだ3年

三年前のあの日

私は職場にいて揺れを感じた。

今までに感じたことのない地面が横ずれするような揺れだった。

まもなく職場のTVでは信じられないような画像が流れ、

これは、とんでもないことになっているのではないかと思った。


ちゃんとした情報を得られぬまま次の日を迎え

ことの大きさに驚愕した。

何もできない自分達の無力さに憤りを覚え、

基金ができたその日、母娘でなけなしの現金を出し合って

銀行に振込に走った、あの日。

d0298972_2004817.jpg


3月12日と13日の朝刊を捨てることができない。

忘れないために。


やはり思うのは、もう3年、まだ3年。

めざましい交通路の復興とは裏腹に住民に対する復興は足踏み。

恐れていた原発再稼働を始めようとする愚かな政権。

行方不明のままの遺族の時は、あの日のまま止まっているというのに。

命懸けで救助をしていた全ての方達の努力をどうか無駄にしないで。

これ以上未来の子どもたちに負の遺産を託すのは止めて。


d0298972_2034934.jpg


被災された全ての方々が心安らかになれますよう、

心よりお祈りいたします。


2014年3月12日
[PR]
by lenslife | 2014-03-12 20:40 | Comments(6)
先月の23日頃は、友達と近くの橋を散歩して

先日まで凍りついていた水がいつの間にか解けていることに驚いたりした。

d0298972_16132784.jpg


心なしか風も少し春っぽくなったかな、なんて思ったりした。

そして、やっと今年も冬を乗り切れたのかと思った。


でも、先週からの爆弾低気圧で・・・





d0298972_16171631.jpg

我が家の窓から見た今朝の風景

1週間、朝6時から除雪して、仕事から帰宅して、夜6時に除雪する日もあった。

首と肩が調子悪くなってしまった。

しかも1年ぶりの歯科検診の予約が土曜日朝イチだったので、

隣町まで歯科へ行きスケーリングしてもらう。

本当なら日曜日は撮影会へ参加したかったのだが。

歯科帰りのバスで具合が悪くなり、降車した駅のトイレから一時帰れなかった。

その後は、やはり、たまった家事をこなし。

で、今朝も昨日より酷い積雪にて、朝6時から除雪。

休日なのに休めないよ・・・。(´Д`)

d0298972_1629686.jpg

これは先月の風景です


これだから北海道は油断がならない。アイタタタタ・・・。
[PR]
by lenslife | 2014-03-09 16:33 | 季節 | Comments(8)
まだまだひっぱります紙袋ランターンフェス (笑)

d0298972_15422893.jpg


毎年プロの作品がショーウインドウに並んだりしてますが

d0298972_16162758.jpg




年々紙袋のデザインも凝ってきていて今年はものすごくクオリティーの高い

作品と呼ぶにふさわしい紙袋ランターンが沢山ありました。

もちろん、上手なだけでなく味のあるものも好きなんですけどね。

題材に対してなにか愛を感じるのがイイですね。

ほんの一部ですが紹介したいと思います。

(上の○○○Loveは、作品名ではありません)


アクビちゃんLove
d0298972_15463157.jpg



お馬Love
d0298972_15473039.jpg



ついに出た!3DLove作品
d0298972_15492888.jpg



わん・にゃんLove
d0298972_15504677.jpg



バレリーナLove
d0298972_15514443.jpg



ばんえいLove
d0298972_15522473.jpg



薔薇の花Love
d0298972_15532869.jpg



鳥かごLove
d0298972_1554664.jpg



おたふくLove
d0298972_1661898.jpg



黒猫Love
d0298972_1665130.jpg



女Love・・・かなぁ?
d0298972_1672320.jpg



ふくろうLove
d0298972_1683656.jpg



梅の花Love
d0298972_1692311.jpg



祭壇Love(もう切り絵芸術ですね!)
d0298972_161298.jpg



他にも紹介しきれないほど、素晴らしい作品がたくさんありました。
思わず笑っちゃうようなユニークな作品もありました。

2014年 第12回たきかわ紙袋ランターンフェス

たくさんのLoveであふれているフェスでした!
d0298972_16104263.jpg


関係者の皆様方に感謝です。
[PR]
by lenslife | 2014-03-02 16:26 | イベント | Comments(9)
その1は、先週のブログですw。

d0298972_14455863.jpg


今年は雪もあまりひどくなさそうだし、三脚でしっかりと撮影したいと

やる気満々で撮影に赴いたのですが・・・

我が家に宿泊の仲良しの友達と待ち合わせして。

友達が急いで必要なモノを買いに行って来るという間にカメラのセッティングを

しようかと思ったらー・・・


ナイ!

私こそ肝心なモノがナイ!(@д@;) ヒィー

カメラと三脚をつなぐキットがなくなっておる・・・(T T)マジっすかー!

家で落としたものか、外で落としたものか見当もつかず。

結局三脚は一日中、ただ重いだけの無用の長物として背負っておりました。

そうして今年もピンボケ手ブレ写真の大量生産とあいなりました。

今年もALL手撮りでUPいたします(T_T)

(やる気の方は一気にDOWN ↓ しました)


そんな茫然自失な私を慰めてくれるのがお寺の敷地のランターンコーナーです。

d0298972_1575852.jpg


ランターンフェス会場は、商店街の他にもいくつかあって、太郎吉蔵とこのお寺の敷地は毎年で

今年は市役所と隣のお寺でもやっていました。

商店街そばのお寺は幼稚園と併設なので、ランターンも園児の作品が多く

見に来る家族連れも多い場所です。

雪山も作ってありランターンで飾られ、登ることもできます。

下からみた雪山
d0298972_1517378.jpg


雪山の上からみた広場
d0298972_15191374.jpg



いつも沢山の子供たちの笑い声やはしゃぐ声や

d0298972_15201969.jpg


楽しそうな家族の会話が聞こえて


d0298972_15223461.jpg



d0298972_15232374.jpg



なんだか暖かい気持ちになれるこの会場が私は大好きです。


来年こそは吹雪かなければ、三脚でちゃんと撮影してみたいと思います。

出かける前の撮影道具のチェックは大事ですね・・・(-.-;) うう・・。
 

d0298972_15394241.jpg

[PR]
by lenslife | 2014-03-01 15:43 | イベント | Comments(5)

シャシンときどきツブヤキ。HNゆんぐデス。


by ゆんぐ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31