山の頂上のひらけた場所に3つの遺構

たどり着いた新緑の森を泳ぐように私たちは近づいた。

群生する蕗や枝や野草が生い茂るうえに巻上機室の周りは

正面以外は、ぐるりと溝で囲まれている。

(そもそも、そこが正面かどうかもわからないのだけれど)

d0298972_20235373.jpg

d0298972_20273543.jpg

こうやって見ると、どこかのお屋敷かと思っちゃう。



d0298972_20300843.jpg

中をのぞくと下は、ぬかるんでいる感じ。

写っていませんがこの右側半分は貯水槽のようなものが2つもあって、

なんだか深そうです。どす黒い水をたたえております。

冬に来られる方はご注意下さい。雪で見えなくなっていると思います。



d0298972_20492799.jpg
先輩wが蕗を倒して作ってくれた道から、なんとか近づいて這い上って裏側から入る。


d0298972_20544382.jpg
屋根はないけど内側もやっぱり森になってる。

瓦礫と段差とで足場が悪い。

佇まいは教会のように荘厳。



坑道への入口らしき遺構、こちらも煉瓦が残っていて神殿のような柱が並ぶ。
d0298972_21082522.jpg


横から見ると天井の梁だろうか、藤棚のように見える。

d0298972_21153040.jpg

廃墟化した建築物に緑が生い茂ると、なんだかファンタジーなイメージで、

予想以上に美しい景色に出会えることができました。


d0298972_21035976.jpg
熊さんにもダニさんにも接触しなくて良かったデス ヽ(*´∀`)ノ

オシマイ。




[PR]
# by lenslife | 2018-06-16 21:33 | Comments(4)
2018.6.10(SUN)

以前から、行ってみたいと思っていた憧れの大新坑へ行ってきました。

(ってか連れて行っていただきましたの)

産業遺産に興味のある方なら誰でも知っていそうな有名な遺構です。

でも私は、行ったことがありませんでした。

山の麓に車を停めて、ひたすら山道を登ること数十分。

登山が苦手な私が重いカメラリュックを背負って歩くのは、探索という名のリハビリです。(;´Д`)ハァハァ

最近、「息切れ」という言葉を知りました。(;´Д`)ゼーゼー

いかにも熊が出る山道でしたがこの時はもう前に足を出す事だけで必死で

それどころではなくなっていました(笑)(;´Д`)ゼーゼーハァハァ (鹿の足跡ありました)

限界が近づいた頃、ひらけた場所に着きました。

d0298972_21410547.jpg
煉瓦造りの細ながーい建物が。

人や人車が地下に入るための入口ではないかと言われています。

その右側に

d0298972_21454548.jpg
排気口のようなものが。

赤平の南排気立坑にあった大きな扇風機を想像させます。

そして、その奥の方に・・・

d0298972_21523386.jpg
それは、小さな森のように木々に守られていました。



d0298972_22164295.jpg
長いこと逢いたかった「巻上機室」です♡



その2 に続く。


[PR]
# by lenslife | 2018-06-15 22:34 | 探索 | Comments(0)

住友赤平炭鉱南排気斜坑

2018.5.20

めっちゃ久しぶりに探索記事。

昔の炭鉱住宅のすぐそばの山道を少し登った所にそれはありました。

枯れ枝とブッシュに阻まれながらもなんとかたどり着きました。

d0298972_20473990.jpg
まずは坑内へ続く排気斜坑がふたつ見えます。

網目フェンスで塞がれていますが底が見えない深さです。

この地下の隧道は歌志内の立坑まで続いていました。

その立坑も最近市によって撤去されてしまいました。


d0298972_20503479.jpg

すぐ横に廊下で繋がった2棟の建物が。

多分事務所と操作室のように思われます。進入禁止の看板が付いてます。

廊下がほとんど地中に埋まっていますが元々半地下だったのかな~?

d0298972_20533835.jpg

壁には「昭和41.5.7」かな。右のプレートには「南排気立坑」700kw?扇風機らしき文字が。


d0298972_20575869.jpg
中に何かを操作する機械があるのが見えます。

手前の建物の中はこんな感じ。(あくまでも窓の外からの撮影です)

d0298972_21004826.jpg
なにか巻上機のようなものが唯一残されていました。

別の窓から見た状況。

d0298972_21050875.jpg

奥の建物の入口も閉鎖されていますが窓の蔦がゲージュツ的。

d0298972_21064717.jpg

周辺は沢に水が流れていて、その向こう側は平に整地されたらしき後が森になっている状態です。

多分、昔は沢山の住宅もあったのではないかと推測されます。

今はその名残さえ薮の中・・・。


d0298972_21130871.jpg


[PR]
# by lenslife | 2018-06-05 21:16 | 探索 | Comments(2)
2018.5.27(SUN)

2週連続おでかけでしたので、ブログのUPが久しぶり。

今年もありがた~い「路線バス+菜の花タクシーセットチケット」で撮影に。


d0298972_20351569.jpg
展望台からの今年の景色はいかがかな?




d0298972_20382941.jpg
こんな感じ~ 遥か遠くには雪山


菜の花といえば輝くような山吹色が特徴ですが

実はこの1週間前にも別件でいらした先輩に連れてきてもらったら

初めて見る七部咲の菜の花は、淡~いレモン色でした!

d0298972_20410639.jpg
この色結構好きかも♪



d0298972_20490397.jpg
この日もお天気に恵まれていました



d0298972_20554493.jpg

日常から、かけ離れたようなこの空間がたまりませんっ!

まるで夢の中のような風景と甘酸っぱい香りに包まれます。



たきかわ菜の花まつりは年々有名になり、国内外からも人が押し寄せてくる為、

渋滞が酷くタクシーもだんだんと撮影スポットに停まれなくなってきた様子。

本来畑周辺の道路では、タクシーとバスは優先的になっているのですがそれでも渋滞するらしい。

色々設備も良くなり、交通整理やボランティアの方々も素晴らしいと思いました。

どうかこの勢いに負けないで来年もタクシーサービス続けていただきたいと願うばかりです。


d0298972_21195209.jpg

[PR]
# by lenslife | 2018-05-29 21:21 | 季節 | Comments(2)

桜トルネード

2018.5.12

久しぶりの青空&寒くない朝!

先週三部咲きだった桜は まだ あるのだろうか? 行くっきゃないさね。

入口の満開だった桜は、すっかり葉桜になっていましたが山側の樹はまだ桃色、咲いてる~♪

先週落ちていた沢山の折れ枝なども綺麗に片付けられています。



d0298972_20160102.jpg



やっぱり桜には青空が似合う♡

d0298972_20322442.jpg


かっぱの親子もご満悦♪
d0298972_20341869.jpg



桜吹雪がすごいですがこのレンズでは撮れませんでした。134.png 171.png 171.png 171.png   
d0298972_20370854.jpg



ひょうたん池のそばでも奇跡の瞬間に出会いました。

やはり、この写真ではわかりづらいですが105.png(花びら小さすぎてわからない)
d0298972_20464098.jpg
樹と樹の間を左右から飛んできた花びらが

ゆっくりとゆっくりとトルネードしていたのです。

花びらのトルネードは見たことありますがこんなにゆっくりと巻き上がるのは初めて見ました。

まるでスローモーションで舞い上がるように。

カメラでは撮れないので、諦めて、暫くこの不思議な光景に見とれていました。



d0298972_20560776.jpg
なんだか (*n´ω`n*)シアワセ~♡ なひとときでした。



d0298972_21062603.jpg



[PR]
# by lenslife | 2018-05-14 21:09 | 季節 | Comments(0)

シャシンときどきツブヤキ。HNゆんぐデス。


by ゆんぐ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30